FC2ブログ

アローン

今年もやります映画館ハシゴ!

つーワケで。
今日は2本観て来ました。
しかも今回は初めての劇場も込みで、移動してのハシゴ。


まずは1本目。



アローンをアローンで観て来ました。
(笑うとこ)


ちょっと感想前に、初めて行った劇場について。

まー、こういう映画やってる時点でお分かりかもですが、
いわゆる「単館上映系」の劇場なワケですが。

はっきり言って、今までで最低レベルの民度でした。
いつまでもガサガサしてるヤツは居るわ、
ガタガタン!とか大きな音で何回も荷物崩すヤツも居て、
そんな笑うとこでもないのに声出して笑うヤツも。

今回がたまたまそんな客が集まった可能性もありますが、
劇場自体もあんまり映画用じゃなかったですね。
分かる人にしか分からないかもですが、言うならば「小劇場」です。

ちょっと小洒落た雰囲気を醸し出そうとしてますが、
スクリーンは小さい、天井は普通のビルフロア程度の高さしかない、
座席はこじんまりしてる上にペラッペラ。
最前列が全部埋まってる劇場は初めてでした。
音響は悪くなかったですが、小劇場でも良いとこはあるし。

実はまた行く予定があって、今回その予行も兼ねてだったんですが、
次回もこんなだとイヤだなぁ…。


ネタバレなしの本編感想ですが、観て良かったです。
やっぱりオススメするかどうかは別ですが…。

詳しくは、ネタバレ込みで続き。


ザックリ言って、「ザ・ウォール」と同じ、ワンシュチュエーションドラマ。
ほぼほぼひとつのシュチュエーションで終始するお話。

「ザ・ウォール」と被る点は、ほかにも。
戦争モノで、主人公は狙撃隊の射手。
最初はスポッターと行動してますが、スポッターは死亡。


こういうのを「戦争モノ」と取るかについては、
戦争映画好きな人からは否定されそうですが、僕はこういう戦争モノが好きです。
逆にドンパチするだけの戦争モノ、特に映像のエグさを売りにしてるのは好きじゃない…。

「兵士の心情を云々」とか言うと凄く安っぽいですが、
戦争は生き死にだけのお話じゃないと思ってるので。ね。


「ザ・ウォール」好きな人は、コレも好きじゃないかな。
ただ個人的には、こっちの方が観るのは疲れた…。
面白くないというワケじゃなくてね。
ミリ単位でも動けない分、緊張感がハンパないから。

冒頭10数分のウチにメインシチュが出来上がってしまうのですが、
「ザ・ウォール」は壁のこっち側を移動出来たのに対して、
この作品は「地雷を踏んでしまった」ことでシチュ完成なのでね。


そして、そんな状況で50時間以上救出を待つ。
砂漠のど真ん中。
モチロン日陰なし。
片足に体重かけ続けなきゃいけない。

もうこの箇条書きだけで気が狂いそうですが、
実際、主人公も肉体だけじゃなく、どんどん精神も疲労してきます。

中盤までは「名もなき、いちスナイパー」レベルの主人公ですが、
その過去にはいろんなコトを背負っていることが分かって来ます。

この2点から、後半はフラッシュバックや幻想(幻視)も出て来て、
どれが現実なのか観客も混乱してくる仕様。
終盤は怒涛のように入り混じるので、ホントに混乱しました。


結局は、この地雷は爆発しなかったのですが、
ソレは経年劣化による7%の確率で起こる不発…かと思いきや、
現地の村人が地雷を掘り起こして転売していて、
金属探知機を誤魔化すために、その娘がブリキ缶を埋めていた、と。
ソレを踏み、地雷と勘違いしていたワケです。

結局60時間以上、幻覚にまで惑わされて
精神ズタボロになったのは無用な恐怖だったとか…。

無事に救出され帰国した主人公を、空港で待つ恋人。
この恋人も自分は捨てて戦地へ行ってしまっていた。
そしてその行動は自分が忌み嫌っていた父親と同じような行動だった。

とかいろんなフラッシュバックを終盤バンバン観せられた状態で、
ラストシーンは主人公が空港で恋人の前で片膝をつく。
普通に観れば、プロポーズなんですが、
少し前まで砂漠で取っていたのを思い出させるポーズであるが故、
そしてその瞬間、画面がブラックアウトするから
「ちょっと待て!まさかコレも幻覚!?」とか一瞬思ってしまいましたが…。

どうやらソレは現実で、主人公は無事、恋人にプロポーズしたのでしょう。
エンドロールが流れました。
終劇のブラックアウトだったんですね。

いや、ココまでラストのラストまでハラハラするのは、なかなかないです。
少なくとも僕が観た中では。
ホントに、疲れましたね。


シチュ的には「ザ・ウォール」と似てますが、ラストは対照的。
あっちはえげつないバッドエンドでしたからね。
(アレはアレで凄く良かったですが)

今回は、なぜかハッピーエンドを求めてましたね。
「なんとか生還して欲しい」と。

ま、ソレは叶って良かったですが、
終盤の現実と幻覚の区別が追いつかないので、もう一度、落ち着いて観たいです。

円盤買おう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ