FC2ブログ

キングスマン:ゴールデン・サークル

2018年、いっぱつめの映画観賞です。



「キングスマン:ゴールデン・サークル」です。
パンフびっくりするくらいちっちゃいです。

お恥ずかしながら前作は観てなくて、
去年いろいろな映画館で予告を何回も観て興味がわいたワケです。
なので去年末のウチに前作のBD買って予習しておきました。


またあんまりネタバレらしいネタバレもないですが
感想まとめて続きへ。


前作は、普通に主人公がキングスマンになるとこから。
今回はその続きなので最初からキングスマン。
なので説明とかなしで冒頭からぶっ飛ばします。

てか今回観て思ったのが、
「こんなに正統な続編映画観るの久しぶりかも」ということ。
いや、ないことはないと思うんですが、
キングスマンに関しては、凄く丁寧に前作の韻を踏んでると言うか。

前半で舞台も変わっちゃうけど、
お話の起点は前作の本拠地だったり、
最初に出て来る敵が前作で裏切ったやつだったり、
前作観てれば全く説明なしで分かる筋になってる。

逆に言うと、前作観てないとちょっとお話分からないかも…。
人物相関もさることながら、前作に出てきたセリフが大量。
意味不明にまではならないものの、
1面的な意味の捉え方で終わってしまう可能性大。

あと、予告に出て来たアクションシーンが
冒頭とクライマックスに出て来るってのも丁寧だな、と。
観客が期待してる画が最初と最後にあるのは満足感大。


一方で「紳士なスパイ」の映画のハズなのに、
画やネタにゲスいシモが入ってたりするのが
良いカンジにレベルを下げてる気がします。
ヘンに気取らないカンジと言うか。

PG -12作品なのは、このゲスいシモと同時に
若干のグロ表現もあるからでしょうな。
正直、こっちはちょっとニガテ…。
でもまぁガマン出来ないレベルではないですけども。


それから、前作もそうでしたが、1対多数の殺陣が凄い。
派手でありながら、なにやってるかギリ分かる流れ。
コレがたぶん1番のウリなんでしょうね。

ヘタに派手さを増やそうとして、
なにやってんのか分かんなくなる続編って多いけど
その辺りのさじ加減も上手いなって。


最近の映画で多い流れとして、
ラストになんか思わせぶりなシーンを入れて
いかにも「次作に続くぜー」てのが多い(しかもコケるのも多い)中、
ちゃんと1作ずつ敵を殲滅してお話を終わらせるのも好印象。

最初に出て来た、前作で裏切ったやつも
上手いことシーンの隙間を拾ったカンジで、
前作では全然思わせぶりな退場じゃなかったですしね。
(ちゃんとしたプランありきなのかも知れませんが)

ただ、今回の公開時点で「ユニバース化」と「スピンオフ製作」の
噂が流れてきたので、それは正直不安…。
ムダに長くなって面白くなくなるパターンは多いですからね…。


そんなこんなで、観終わった感触は凄く良かったです。
あとは蛇足にならないようにだけ祈ります…。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ