交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1

「ねだるな、勝ち取れ、さすれば与えられん。」
もうホント、このセリフひとつだけでテンション上がります。


台風が近づいてる中ではありますが、なんとか三連休を取得。
雨の中、都会まで足を伸ばして観てきました。



「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション 1」
長い。
タイトルがひたすら長い。

いつもは開演前にパンフにサッと目を通すんですが、
今回は初めてのネタバレ防止帯付きのパンフなので、おあずけ。


正直、TVシリーズ本編を復習するのはタイヘンなので
今回は復習なし、けっこううろ覚え状態で挑みましたが、
それでもほぼほぼ大丈夫でした。
全然見たことないひとは…もしかしたらツラいかも?

僕はもうとにかく冒頭から惹き込まれて、
最初の方さぶいぼ(鳥肌)立ちっぱなしでした。
もう、なんて言うかね、「これぞエウレカ!」てカンジの絵面。

とにかく良かったし、TVシリーズ見返したくなったし、
次作が待ち遠しいし、サイコーでした!


それではネタバレ込みの感想は続きへー。


物語は「ネクロシス作戦」の真只中から始まります。
作戦開始からの経過時間、艦艇や武装の名称、人名、戦況、
その他、大量の字幕がどんどん流れる中、
画面も目まぐるしく変わり、詳しい説明セリフもないまま
どんどん物語が進んでいきます。

もうホントに、情報についていくだけでやっと。
てかぶっちゃけ、ついていけてない部分もあったと思います。
字幕が大量な上、消えるのも早く、
その上その間もバンバン専門用語のセリフが流れる。
コレは初見では厳しいかも。

と、思ってましたが、
途中から明らかに大量の字幕が一瞬で消えたりしたので、
たぶん字幕は演出の意味合いの方が強くて
そこまで真剣に読んでついていこうとしなくて良いのかも。
それよりもセリフの方が重要かなと思いました。


そして冒頭から出てくるアドロック・サーストン。
TVシリーズ本編では英雄として描かれていた、主人公レントンの父。
声が古谷徹さんなんだもん。

多少、声が若いかな、とも思いましたが、
人類のために奮闘するアドロックにはハマり過ぎで、
声にも鳥肌立ってました。

ただ、もう作戦は始まってるし、てかクライマックスだし、
「ネクロシス作戦」の細部の流れは描かないのかな。
分かったのは概ね以下の情報。

・アドロックが立案した作戦を基に人類がスカブコーラルへ最終攻撃
・しかしその直前、アドロックが自らの誤りに気付く
・作戦は進行してしまっているので人類軍に通達する時間がない
・アドロックはエウレカを伴ってKLFに乗り込む
・反旗を翻した状態のままアドロックは最悪の事態を防ぐため奮闘
・反乱したアドロックを止める命令を受けたホランドが合流
・ホランドにエウレカを託し、アドロックは最終手段に…
・これが後に「サマー・オブ・ラブ」と呼ばれる出来事になる

こんなカンジでしょうか。
まぁ戦闘シーンがド派手で轟音で。
エウレカらしい多数のミサイルやレーザーの軌跡や空中戦。
これだけでも結構お腹いっぱいになる勢い。


その後も、怒涛と言って良いのでは。
時間軸が前後に激しく動くので、ココでもついていくのがやっと。
「PLAY BACK」と「PLAY FORWARD」の文字が頻繁に現れます。
「○日前」や「○時間前」の文字も。

ココはツラい部分もありますが、必死についていかないと
流れが分からなくなるかもです。
パンフには時間軸通りの解説がありますので、
その補助も活かしながらアタマの整理をするのが良いと思います。


後半の物語はレントンとチャールズがメインになる流れです。
ゲッコー号の面々も出ては来ますが、説明は軽くホランドのみ。
この辺は次作以降に出るのかな。

あと、この「ハイエボ1」は、TV本編でアクペリエンスが起こって
レントンがゲッコー号から脱走したところがメイン。
ぶっちゃけどの辺だったか定かでなかった…。
エウレカが地下に取り込まれ、超短髪になるとこね。
家で本編を録画したDVDで確認したら、
前半終盤と言うか中盤あたりでした。

ついでに言うと、本編でレントンとチャールズて養子縁組してなかったよね。
映画観てて、コレは「ん?」と最初は違和感ありました。
が、一部のセリフ変更でかなり自然に繋いでましたね。
違和感は最初だけ、後半は逆に僕の記憶違いかと思うくらいで。


TV本編との違いと言うか、そういうので言えば、
じっちゃん出て来なかったのが残念…。
役者さんはお亡くなりになってるとは言え、
本編のシーンも使用するんだからライブラリ出演出来るんじゃ…。

アレかな。
チャールズと養子縁組する設定上、ややこしくなるからかな。


んで、じっちゃんと言えば、
レントンとエウレカが最初に出会うシーンが観たかったのに、
全然出て来なかったんですよ。
ある意味、そこが1番観たかったのに。

と思ったら、クライマックスあたりで出てきた!
嬉しかった!
やっぱりエウレカと言えば「ボーイ・ミーツ・ガール」なワケですから、
そこがないと始まるモンも始まらないのですよ。
僕の中では。


ラストはゲッコー号に戻ろうとするところで終幕。
もっと…もっと観たい…!

やっぱりエウレカの世界、声、画が好きです。
観てる間も、なんだか分からない安心感があって。
この世界に浸れる時間が幸せでした。

あと、最後の最後、次作予告も終わった最後、
レントンとエウレカの声で「つづく」って…。
その声を聞いて、凄く嬉しくなりました。

て言うか、レントンとエウレカの声が聞けるだけで満足でした。
ふたりの声聞きに行った的なとこもありますしね。
ホント誇張じゃなく。


それから、来場者特典貰えました。



4種類あるステッカーだそうです。
僕の絵柄はコレでした。



三部作それぞれのメインビジュアルとなる3人の顔。
いちばんベーシックなやつなのかな?


次作は来年かー。
BDボックス買おうかな…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ