ギャンスロット (8)

今日は旧ザク撮影したついでに、前作のギャンスロットも撮影しました。
撮影しようとして、バッテリ切れでしたからね。
今回は充電ばっちし。

まず前。



そして後ろ。



ギャンスロットのコンセプトは塗装です。
ちょっと変わったメタリック系の塗装にチャレンジしました。


メタリック塗装の代表的な手段のひとつと言えばキャンディ塗装。
いわゆるキャンディ塗装は、黒→銀下地の上に、
クリアカラーを重ね塗りする有色メタリック仕上げなのですが。
つまりは下地でメタリックは仕上げとくワケですね。

ですが今回は、黒下地の上に乗せるメタリックの段階で調色し、
しかもその時にメタリックやクリア系だけでなく、
ソリッドな色も使ってメタリックの粒子感をコントロールします。

つまり単なるツヤや粒子の大きさだけでメタリックの調子を変えるのでなく、
メタリックの特色自体を部分的に殺してしまうことで
色彩の調子を無理やり変えてしまおうということです。


金色部分については、本体、シールド、槍の3部位に
それぞれ別の金色を使用してます。

本体は百式ゴールド、槍はパールゴールド。
シールドについてはスターブライトゴールドを基に、
ソリッドのホワイトと、純色のグリーンを少量。


本体の濃淡の青色は、ともに基はアイスシルバー。
濃い方はアイスシルバーに純色バイオレットとシアン。
つまり濃い方はメタリック感を殺さず、そのまま生かす方向で。

薄い方にはアイスシルバーにウォームホワイトとインテリアカラーを。
これでけっこうガッツリ粒子感を殺したんですが、
アイスシルバーが思いの外、青みが強く、
白くするために粒子感を殺し過ぎてしまいました。
しかもその上、乾燥するにつれ青みが強くなる…。

苦し紛れな手法ではありますが、先のキャンディ塗装を逆手?に取り、
クリアシルバーとクリアホワイトを混ぜて上塗りしてみました。
粒子感と白みを少しでも上げるためですが、意外にそこそこになりました。
一見、ちょっとパールっぽくもなったんじゃないかなって思います。


途中の紆余曲折は多いにありましたが、結果そこそこのものになりました。
また、かなり実のある面白い経験になりました。
特に「乾燥して青みが出る」ことは次にダイレクトに反映できましたし。

後の作品の礎になれば、より自分の中の価値も上がりますね。
まぁ、元々のスタイルが良くて、かっちょ良いから助かってるんですけど。


というワケで。
ギャンスロットこれにてお終いでございます。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ