パトリオット・デイ

今年はなかなか良いペース。
年間20本…はさすがに無理だけど、15本くらいはいきたいねー。

そんなワケで、今日も映画館へ。
「パトリオット・デイ」観てきました。



マーク・ウォルバーグ主演、ピーター・バーグ監督の
「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」に続く
実話ベース作品の第3弾。
別に、続きモノの三部作じゃないんですけども。

「ローン・サバイバー」は観たけど、
「バーニング・オーシャン」は観れてないんですよね。
まぁ、それはさて置き。


実話なので、ネタバレ的なモノもないですが、
いつものように感想は続きへ。


お話は2013年の4月15日、
アメリカの「愛国者の日(パトリオット・デイ)」に
ボストンのマラソン会場で起きた、爆弾テロの発端から解決まで。

ごく最近の話ですので、なんというか、リアルさが重いです。
普通の、現代の生活が一気に脅かされ、
しかもそれは、いとも簡単に行われる。
もちろん特殊能力を持ったスーパーヒーローが現れて
あっという間に悪者を退治して解決してくれるわけでもない。

なるだけ直接的な映像表現を避けた感はありましたが、
それでも爆破現場の場面は目を覆うものがありました。

でも事実として解決している事件ですので、
その辺りに関しては信じて観ることが出来ましたし、
「語り継がれるのは〈悲劇〉ではなく、〈希望〉」
というコピーもありますので、ただひたすら希望を待ち望んでました。


ここまでで、実はいろいろ書いては消しを繰り返してます。
書き出したら、もうホントにいつまでも感想を書いてしまいそうです。
言いたいことに絞らなければ。


最後は、もちろん、希望を持って終わります。
実話映画によくある、ラストにご本人たちが登場します。

その中でも特に印象に残ったのは、
奥さんがマラソンに参加して、その応援に幼子とともに訪れた男性。
爆発に巻き込まれ、当初はお子さんと別々に救急搬送され、
ご本人は片脚を失ってしまわれました。

その人いわく、「この子が大人になって、世の中を
好奇心とユーモアを持って見てくれることを願います」

凄いな、と。
ご本人は大変な目に遭いながら、お子さんには世の中を暗い目で見て欲しくない
そんな風に、僕なら言えるんだろうかと。

この映画は「希望」とともに、
「悪魔に打ち勝つのは愛だ」ということも教えてくれます。
愛があれば、僕もこういうセリフが言えるようになるんですかね…。


あと、エンドロール前、このテロの犠牲者の方の写真が写し出されます。
爆発に巻き込まれた方3人と、テロリストが襲った警官1人。
その中には、当時8歳の男の子が居ました。

劇中では遺体にシートを被せられた状態しか映ってなかったのですが、
状況証拠を得るために、傍らに警官を立たせたまま放置するんです。
ウォルバーグ演じる主人公も「両親にお子さんを道路に放置しますって言うのか!」
と激昂していましたが、それも致し方なかったことなのでしょう。

でも最後の最後、4人目に男の子の写真が出た時は、
もう涙が止まりませんでした。
男の子の笑顔は、歳相応のもので、凄く輝いていました。


冒頭に書いた「ローン・サバイバー」ですが、
DVDで何度か観直してから、ひとつ思うことがありまして。
今回の「パトリオット・デイ」も同じことを思いました。

よく言われる「優しい世界」は、理想ではあるけど、無理なんじゃないかな、と。
人がみんな、家族や仲間だけじゃなく他人にまで優しくなれるか、というと、
いろいろな状況や生活、世界状況もあると思います。
難しい、と言うよりも、やっぱり無理じゃないかな、と。

でも、この2本の映画を通して思ったのは、
「優しい世界」は無理でも「素敵な世界」は目指せるんじゃないかと思うのです。

「素敵な世界」てのは、僕が勝手に呼称してるんですが、
要は「人に優しくする」んじゃなく「自分に誇りを持つ」こと。
自分に誇りを持てる生き方を目指す世界。

人が困っている時に、「自分さえ良ければ良い」と大声で叫ぶのは
大人として恥ずかしいじゃないですか。
逆に「全ての困っている人を救う」ってのも嘘くさいでしょ。

つまり、自分が出来る範囲で、自分の、言わば「魂」に恥じることない
そんな生き方を目指す、それは出来るんじゃないかな、と。

人それぞれ信じる「善」は違うかも知れません。
が、子どもや友達に胸を張って「自分はこんなことをした」と言える、
または逆に「した」と言えないことって、そう大差ないんじゃないかなって。

この2作品の中には、そういう誇りを持った人が居ます。
と言うか、そんな人だらけなんじゃないかな。

これが実話なんだから、そういう意味では
「素敵な世界」は確実に存在するんですよね。

そんな風に思えることも、この映画が良いことの証しだと思います。


長々と、なんかすみません。
コレでもだいぶ推敲して短くしたつもりなんですけどね…。

とにかく、観て良かったと思える映画でした!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ