閑話休題

今日も百万式の続きー。
ですがいよいよ大詰めにきつつあるので、そろそろ晒せなくなってきました。
勿体ぶるというよりは僕の場合、出オチなところありますんで。

作業としてはデカール作業に入りました。
あと、素の百万式本体には貼り終えたかな?って感じですかね。
まだまだ先は長いですが…。


んでもってこのGW。ガンダムW。
もとえゴールデンウィーク。
撮りためてた番組をあらかた見散らかして、見るもんがなくなったので
かなりの今更感が漂う中、やっとことっとこオルフェンズ見始めました。

リアルタイムで1話だけ見て、ずっと放置してましたが。
なんで気に入らなかったか、最近少し分かってきまして。


当時は、とにかく地面からドバァと出てくるのが「ガンダムタイプMS」である意味が良く分からなくて。
まぁ見る側はおとなしく見とけってお話なんですが。

それよりも引っかかってたのが「主人公とガンダムの出会い」がないからだってのに気付きまして。
1話からガンダムが当たり前に存在してましたんで。
なんというか、これから始まるワクワク感がなくて、気持ちが続かなかったようです。


ところが見始めるとまぁ深く考えずに楽しんでおります。
普通に面白いよね。

あと見てから気付いたのは、当初のバルバトスのプラモを見て
「仮面ライダーとかAGEとかみたく、細かい仕様変更で無駄に商品数増やすつもりかな」
と思ってたんですが、劇中では仕様変更について全く触れない。
良く見てないと変更してることすら気付かないくらい。
その辺りも印象良かったです。

まだ半分ちょいしか見れてないんですが、全部見終わったらプラモ欲しくなるかしら。



あと、全く関係ないですが、シビルウォーで納得出来なかった部分も分かってきました。

ネタバレになるので少し開けますが。






これくらいで良いかしら。






シビルウォーてのは、元々どちらも正義であって、その方法論で衝突してしまうお話のハズ。

今回の映画はバットマンvsスーパーマンと全く同じく、
「裏で衝突させるための糸引きをしてるヴィランが居る」
てのが、なんか違うなってことの核心かなと気付きました。

しかも今回のバロンジーモは、BvSのレックスルーサーとこれまた全く同じ、
「自分には力はないが、衝突させて崩壊させることは出来る」
て流れで動いてる。

パクリだとかそういう話じゃなくてですね。
シビルウォーって、そんなお話じゃなかったじゃん?ていうことでして。

トニーが自信を持ってアイアンマンになって、チタウリに先行きの不安感じて、
独断専行で世界の脅威になるウルトロンを生み出してしまう。
だから最初はチームにも批判的だったのに組織に属する決心をする、
なんて良く出来た道筋だと思ってたんで、余計期待してたのかも知れません。

アメコミ映画としては面白いと思うんですよ。
またすぐ観たいと思ってますしね。
あくまでも僕個人的な「シビルウォーの期待値」が違う方向に高くなってたのが原因なんですよ。



まぁ、そんなこんなのバラバラな日記。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

模型サークル「関西仮組」に参加しています。

そのへんもろもろドゾヨロシク。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ