プレバンMG2連発

昨日ブログ書くの忘れてた。
あぁ…。
休日ブログなのに…。
ま、良いや。


さてさて。
昨日今日は、箱減らしの目的も含めて、ぱち組みをしておりました。

昨日はMGドズルドム。



いつもの通り、モノアイをオレンジに塗装しての上がりがコチラ。



エングレは、こないだのドズルザクと同様、後日ということでココはひとつ…。






でも、ドム組んでて思った。
昔のMGの組立説明書は、いろんな資料とか載ってて良かったけど、
今から考えると、けっこう不親切だったんだなって。

ポリキャップの向きとか、差し込む場所とか、
今だったら別方向から見た絵とか書いてたり、もしくは「長い方」とか書いてる。

旧キットから旧HGを通ってMGに入った人間としては、当時全然なんとも思わなかったけど、
もし、このMGドムが人生初のプラモなら難儀しただろうなって思うレベル。

今が親切過ぎるのかも知れないし、スケールモデルなんかもっと難しいのは分かってるけど。
でも逆に言えば、バンダイさんはそういう地味な努力もされてるんだなってこと。
なるだけ、初めての人にも分かりやすく。

当時は出来が良い印象が強かったMGドムも、そういうのもあってか、
また金型の老朽化によるバリの増加もあってか、
少し思い出美化作用が働いていたかも知れないと思いなおしました。
それなりに組みやすいし、プロポーションは好きですけどね。


んでもって本日は。



定期的に登場いたします、例のブツ。
MGザク2.0バリエーションから、お坊ちゃま専用機でございます。

もう、正味10機以上作ってるから、説明書なくても組めるだろって言われますが。
たぶん、組めるとは思いますが。
それしちゃうと、僕は「違うな」って思ってしまうんですよね。

まずプラモは買ってきて箱絵を愉しむ。
箱開けてランナー状態のパーツを愉しむ。
組立説明書を読んで愉しむ。
ここを数セット愉しんだ上で次の工程。

どんだけ慣れたキットでも組立説明書を広げて見ながら、
いくつかのパーツを切り出しては組立て、を繰り返す。
(ただし順番は異なる場合があります)
これこそ、プラモデルの醍醐味だと思っております。

まぁそんなこんな言いながら、今回も組立説明書見ながら。



専用機としては地味な配色と頭のバルカンだけで、けっこう新鮮。


にしてもほんとにこのMGザク2.0シリーズは傑作キットです。
ドムは、まぁ、うん。悪くないよ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

模型サークル「関西仮組」に参加しています。

そのへんもろもろドゾヨロシク。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ