袖ニャン (1)

改めまして。

既に進行しており、若干時間の前後ありますが、
妖怪ウォッチモデリングの開始報告でございます。


先日の箱減らしのために怒涛の仮組みラッシュを行った際に組んでたロボニャン。



ついでにネオングの方も組んでたんですけども。



とりあえずは本体の方が出来ない事には、にんともかんともですので、本体先行で。


まぁ、ネオングに載せる以上、そのままではイカンですよね。
遺憾でもありますね。

というワケで。



とりあえず先に現状をば。

目をくり抜いて、襟と袖の徽章まで出来ました。
あとは目の内部ですかね。
それで本体の工作は完了予定です。


さてさて。
では工作の内容を振り返ろうと…思ったけど、襟工作の写真しか撮ってなかったw
変態呼ばわり(褒め言葉ですw)された袖は本気出してたから、途中撮ってない…。

ないものは仕方ないので、襟だけでも振り返りますか。



まずは元のモールドをザクっとニッパーで切り落とし。



鈴?パーツのハメコミ穴に瞬着パテを詰め込んで。



ヤスリで整形。



マスキングテープで型取りして。



はい。出来た。
コラコラ。
途中飛んどるがな…。
どうにも本気出してる時の写真は飛んじゃってますな。

マスキングテープで型取りした形にプラ板を切って、ノギスで等幅にケガキ。
で、縁取りの細切りプラ板を切り出します。
真ん中の心棒を貼って、羽飾りは毎度の瞬着点付けで同時作成。

そんな手順です。


目のくり抜きは、ピンバイスで適当に穴を開けて、リーマーでゴリゴリ。
僕は普通のテーパーリーマーを使用しております。
ナイフエッジリーマーは切口は綺麗になるものの、
力加減によっては切り過ぎてしまうので、僕はあまりオススメしません。


で、メインの袖ですが、本当はいつも通り
羽飾りは3枚羽でいくつもりでしたが、この小ささではとても無理でしたw

手順は、まず上下の縁取りを貼って、心棒を貼る。
羽飾りは今回は細切りプラ板の細切れをひとつずつ貼る方式でいきました。
瞬着点付けの複製もさすがにこの小ささでは難しいので。

袖については、全てエバーグリーンさんの0.5mm幅のプラ板を使用しています。
あと、小さ過ぎるので、細かい継ぎ目などは無視しています。
小ささのおかげで、それでもそれなりの羽飾りに見えると思います。


現状、そんな感じでございます。


袖付き好きを公言する、自称「なんにでも袖付けたがるモデラー」としては
もはや義務感にも近い感覚でやりましたが、当然ながらオススメしませんw
なんでもかんでもやりゃ良いってもんじゃないw

でもまぁ、このお陰で変態呼ばわりされることが出来ましたので、
袖付き好きとしては本望でございます。


まだネオング部分もまるまる残ってるので、がんばらナイト。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

模型サークル「関西仮組」に参加しています。

そのへんもろもろドゾヨロシク。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ