ベアッガイⅢ (2)

展開が若干速いですが、ちなっがいの続きー。


もうついったにも上げてるし、先にネタバレしときますが、アレです。
袖を付けておりました。
とりあえず先に完成形。



ザ・よだれかけw
んー、なんと言うか、スペースが逆にあり過ぎてしまらない感じ?
前回のヤクトとは違う手法で、しかもちょっと細めを意識したからかな?


今回は進捗を撮影しておきましたので、このブログ初の製作記事っぽいのが書けそうです。
参考になるようなもんでもないですがw


前回のヤクトは羽を一発抜きしましたが、今回は細切りプラ板を組合せる方式にしました。
理由は後ほど…。

まずは襟飾りからー。



最初にセンターを決めます。
総選挙なしです。
ごめんなさい。しょーもないこと言うた。



上の枝から。
上の枝は中折れ予定なのでまずは短く。



ほいでもって羽の基。
マスキングは出発点、到達線を合わせるためです。
羽の基の出発点は枝の終点からなので省略してます。



羽はこれしか撮ってなかったっていうね…。
まぁ良いか。



下の羽は中折れがないので、まずは直線。



で、最後の小羽。



羽先などを整えて、アウトライン完成。
とりあえずこのまま置いといて、袖に参ります。



また写真飛んじゃってる…。
順番としては、下の枠、羽のセンター、上の枠、です。
写真は上の枠を付けた直後ですが、枠を平行にするためにスペーサーをかましてます。
左右にマスキング固定してるのがスペーサーですね。



で、羽。
また飛んじゃってる…。

羽は左右各2コ、合計4コ必要ですが、1コずつ作ってたら統一なんて取れないので、
プラ板を4枚、瞬着点付けで固定して一気に作りました。
ある程度、形になったら隙間にナイフを入れて分離、あと細かい部分をひとつずつ加工します。



同じ加工をもうひとパーツに加えてアウトライン完成。
あとはそれぞれの隙間に瞬着パテを盛って整形。



こんな感じですね。
前回と違ってツギハギだらけなので、サフ吹くまでアレな感じが取れませんが…。


ちなみに、前回と違う手法を取った原因は2つ。
まず最初は前回と同じ手法を取ったのですが。



こりゃダメですわ。
って事で、せっかくならプラチップディテールアップの練習もしよう、と思いまして。

まぁ、とりあえずコレで加工は完了とします。
サフ吹いたら落ち着いて見えるかなぁ。
見えると良いなぁ。
アカンかなぁ…。
今の段階ではエングレと言うよりは枯れ木に見えちゃうんですよねぇ。

塗装で化けてくれる事を願う。
いやマジで。

まぁ、こんな感じでやってますので、袖を付けたい方のご参考になれば幸いです。
細かい作業ではありますが、超絶ディテールアップよりは遥かに敷居は低いと思いますよ。


あと、コレ、ベアッガイⅢではあるんですが、ちなっがいではなくなったし、愛称はどうしよう…?
袖付きっがい?
袖っがい?

むー。

あ、あとコレは初めての完全ネタMSですが、ちょっとした設定も考えてます♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

模型サークル「関西仮組」に参加しています。

そのへんもろもろドゾヨロシク。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ