ヤクト・ドーガ (2)

ほぼギラ・ズールとかぶりぎみに進行しておりますヤクト・ドーガです。


さぁ、早速ではありますが今回のメイン工作。
袖付き機への改修作業に入りたいと思います。

と、その前に。



この機体の武器ですが、ちょっと思うところがありまして。
個人的にUCの中でのビームガトリングの出現がちょっといきなりな感がありましたので、
ガトリングは元々クシャ用装備→クシャの前に別の機体でテストしていた…
という設定をでっち上げ。

で、このように。



システムウェポンのガトリングが余っていたので、ここで使用します!

この機体にガトリングを装備するのにはもうひとつ設定があるのですが、それは後ほど。



で、メイン工作の方に移ります。
袖付き所属機体の証明、徽章の作成です。

ギラ・ドーガには一般機、フロンタル機とも襟と言うか胸飾りはないのですが、
ここは目立つところな上、ちょうど良い場所もありますので、この機体には胸飾りを付けたいと思います。


最初は図面引いてとか考えてましたが、それで息切れしそうなので、まずはとにかくやってみようと。
(ネモスナイパーと同じ流れ)


で、プラ板を現物合わせでちまちまちまちま…。




…泣いたよね。


マジでか!
だいたい形できてあと細かくしていこうと思った矢先か!



キレましたよね。
えぇ。
やってやんよと。
フザクンナと。



いちから作り直してやりましたよ!
全力で!
もう無理!


このままプラプラさせて破損しては泣いても泣ききれないので、早速セティン。



いえす!
こんな感じ!


もう気力も使い果たした。
でも胸飾りは後は簡単なところだけなので一気に。



ほぅ…。

とりあえず、これで誰がどう見ても袖付き所属機体に見えますよね。



ところで勘の良い方は、この胸飾りどっかで…。とお思いでしょう。
ガトリングの理由もここにあります。
と言うかこの機体を作ろうと思った理由がまずここにあります。
えぇ。








続け。
スポンサーサイト

ギラ・ズール親衛隊機 (3)

さて、ギラ・ズールの製作状況です。


大まかなプランもあり、あと本体の処理が少しと武器、オプション。
なんだかんだ言いながら、そこそこ良いところまで進んでます。

で、いちおう本体の処理がひと通り出来たので、また仮組んでみます。
ふむ。
ここで小さな疑問がひとつ。
そう言えばモノアイの処理、詳細まで考えてなかったなぁ…。


これが事件の始まりでした。



とりあえずクリアパーツ化はしたい。
穴あけてビルダーズのサイトレンズ仕込もう。
こりこり。

ふむ。
けっこう良いね。


…。

ちょっとだけ、いっかいだけ光らせてみる?
まぁ、ちょっとだけ。

びこーん。つって。

ん?ならここに穴あけたら配線通せるね。
ちょっとあけてみよう。試しに。


と、あれよあれよと言う間にコレ。



はい、ぐぽーん。

この絵面見たら、もうやらないワケにはいきません。
好きなMSのモノアイが光ってるんです!
やめろって言うんですか!(落ち着け)


で、まぁ電飾仕込むのは良しとしましょう。
次は電源のスペース確保ですが…ありません。
胴体にも腰にも、電池ボックスが仕込める余裕がありません…。

バックパックと言いたいところですが、今回は通常機のバックパックに替えるプラン。


二者択一です。
ミキシングプランか電飾プラン、どちらか一方しか採れません。
心の天秤はコンマ数秒で「じゃ電飾で!」


…と言うワケで。



普通の親衛隊機に戻ってしまいました。
このバックパックでも正直かなりギリです。
けっこう苦労しております。
もっと上手ければ、もう少しスペース稼ぐ余地はあるのですが。


こんな流れで、当初のプランが吹っ飛びました。とさ。

ヤクト・ドーガ (1)

ギラ・ズール作成中の身ではありますが…。
気分転換と言いますか、ぶっちゃけUCキャンペーンのシールが欲しくて。
あとジョーシンがたまたまプラモ用品レジでさらに1割引でして。

いくつか欲しい候補はあったのですが、悩みに悩んで買ったのがこちら。



ヤクト・ドーガ(クエス機)です。


で、買ったは良いのですが積むところもないのでランナーを愛でる工程は省略。
さっそく仮組です。



ぶっちゃけて言うと、ヤクト・ドーガはそれほど好きな機体でもなかったのですが。


良いですね。

けっこう良いですね。


関節がガッツリABSだったりするので不安なところもありますが…。


また、これも素直にクエス機として完成させるつもりはありません。
購入の決定打となったのは、このイメージから。



まぁ、後は言わずもがなですね。



ギラ・ズールかヤクト・ドーガか。
どちらが先に完成するか分からなくなってきましたw

ギラ・ズール親衛隊機 (2)

先週は後半、出張に行ってました。
良い機会なので、初の出張プラモをしようとギラ・ズールを荷物に忍ばせまして。



パーツの切り出しは終わってましたので、主にヤスリ工程を。

順調に行けば、この出張中に本体の処理は終わるかも?と思いましたが、さすがにそこまでは無理でした…。



あと盾裏やマガジン裏は埋めたいですね。



焦らず、ぼちぼち行きたいと思います。

アッガイ (5)

アッガイ最終編です。

前回でいちおう完成編でしたが、ちょっと追記といった感じです。


まずは製作会で持ち寄った際、iibaさんの撮影ブースをお借りして撮影したのがこちら。



やっぱりちゃんとした設備で撮影すると良く見えますね。


そしてパチ組みとの比較。



こうやって並べると色の違いが歴然ですね。

濃い茶部分は赤過ぎ、薄い茶部分は青味ががっている…。
照明のせいもありますが、僕には元色がそのように思えたので黄味に振りました。
ジオン系MSの配色は基本的に同系色の濃淡ツートーンがしっくりきますしね。


そしてアッガイ三連星。



ベアッガイのパチ組みも並べてみました。


アッガイは組みやすく、さらに遊べるキットなので、ほんとにオススメですね。



では、これにてアッガイは完了です。
また次回。

ギラ・ズール親衛隊機 (1)

時間軸がバラバラですみません。

今回は現在製作中のプラモをご紹介。
HGUCギラ・ズール(親衛隊機)です。


ギラ・ズールは一般機、親衛隊機かかわらず細かなカスタマイズをされている機体なので、僕のはこんな感じに。



よく見えないですが、バックパックを一般機のものに変更。
そのバックパックにプロペラントタンクを装着。
若干の低重量化のカスタマイズといった体でしょうか。

アンジェロ隊のようなフル・フロンタル護衛機と言うよりは、
哨戒機、といった感じのイメージです。


若干の調整は行いますが、大まかにはこの方向でいきたいと思います。

では。

ワンタッチLED

ツール、と言うか改造パーツのご紹介。

アッガイのモノアイ電飾に使用させていただいたのがこちら。



HIQパーツさんのワンタッチLEDシリーズです。

LED自体は良く見かけるんですが、
この電池ボックスけっこう見ないんですよね。
僕が見つけられないだけかも知れませんが。


このセットは、ほんとラクです。
なにも考えずに繋ぐだけ、場所も取らない。
アッガイなんて楽々で仕込めます。

LEDも小型で平面。
光量も充分過ぎるくらいかと思います。


「電飾やってみたいけど、
抵抗とかLED設置スペースの確保とか大変そうだなぁ…」
と悩んでらっしゃる方は、このパーツを使用してみてはいかがでしょうか。


ステマじゃないですよ。

続きを読む

アッガイ (4)

アッガイ完成編です。

もうさっそく完成写真を。



黄色味が増えて、少し柔らかく見えるでしょうか。
そして…。



ぐぽーん。
モノアイ点灯できますヨ。
モノアイはMGアッガイ発売当時から、オレンジがコダワリになりました。

脚の改造部は、実物見るとエアインチョコ状態なんですけどね。
表面処理が甘いのなんのって。
チョコだけに。

あ、はい。



写真っていろいろごまかせて良いですね。


アッガイ完成編でした。
ところでこのアッガイにはネタ写真があったので、もういっかい続けます。

ではでは。

アッガイ (3)

アッガイ続きです。


前回の予告どおり塗装中の写真など…。
と思いましたが、良いのがないので塗装後になりますw



襟元の穴が見えるでしょうか。

胴体に電池を仕込んで、ここから頭部に上がっていきます。


もうちょっと詳しい写真撮っておくべきだったかな…。

次回、完成編です。

アッガイ (2)

アッガイその2。
そして工作最終回。

早いw


脚部のライン修正はこんな感じです。



スネ裾はパテ盛付け。
クツは裏打ちしてガリガリ削りました。


で、電飾なんですが、工作中の写真を撮ってなかったのです…。

なので工作中の写真は、あとこんなのしか。



ぐぽーん。

既に光っちゃってます。


まぁそんなに特殊な工作でもありませんので、こんなもんです。


次は完成編ですよって言うと早過ぎるので、
塗装中の写真でも載せてお茶を濁しますw

アッガイ (1)

過去作その2。

HGUCアッガイです。


まずは製作オフ会での仮組。



クツが付いてないのは、仮組後速攻で追加工作始めたからです。


今回の製作プランは、なんと3つ。
・スネとクツの08小隊版ラインの緩和
・調色
・モノアイ電飾


HGUCアッガイはクレジットこそされていないものの、08小隊版を強くイメージした造形。
それはそれでアリですが、今回はファースト版の直線的なラインに一部修正。
完全に好みの問題です。

調色に関しては当初そこそこ悩みましたが、設定を意識しつつ黄味を強める方向でいきます。

電飾はハイキューパーツさんのLEDユニットを使ってみたかったのです。
それに恐らくこのキットが1番仕込みやすいだろうと思っていたので、
ここでチャレンジしなければ!という事で。


アッガイは特に途中写真も少ないので、完結まで早いですよw

というわけで、続きは次回。

関西仮組Tシャツ

ブログの最初の方で前置きをすっ飛ばしたので突然な話になっちゃうのですが、
「関西仮組」というのは僕も参加している模型サークルの名前です。

この度、関西仮組のTシャツを作っていただきました。
こんな。



バックプリントもデカデカと。



製作オフ会のみならずバンバン着用しますよっ。

竹ピンセット

ちょっと時間軸が前後しますが。

今回はリアルタイムのネタです。


昨日半日ほどジム改のデカール貼りをしてたのですが、
その際、初めて使用したツールがこちら。



ハセガワさんの竹ピンセット。

購入したのは少し前ですが、今回初使用。
ざっくりとした使用感ですが、非常に良いです。

デカール貼りの際、個人的に1番気になるのが水分量のコントロール。
この竹ピンセットは水分を吸うので、コントロールしやすいと思います。
普通のピンセットとはクセが違うので、その辺は慣れだと思いますが。


柔らかい事と静電気が起きない事、水分量コントロールの自由度。
この3点が売りですかね。


少々お値段が張りますが、非常に満足しています。
もっと慣れれば、もっと満足度が上がりそうな一品です。

ネモ・スナイパー (5)

ネモスナ完成編です。

早w

えー。塗装しましたのがこちら。



照明が強過ぎて若干色飛びしております。

後で蛍光灯のみで撮影したのがこちら。



実際の色味にはこっちの写真の方が近いかと思います。

塗料は全て瓶出しのまま調色なしです。


で、どうしてもやりたかった伏せ撃ち。



スナイパーは、このポーズが決まらないと!っていうコダワリです。

ちなみに公式機体のジムスナイパー2はコレが精一杯。



あかん。
まぁ可動域もさることながら、1番の原因はライフルの形状によるものなんですけどね。

その辺はまた別の話なので機会があれば。


課題はいろいろ残りましたが、逆に次の課題が見えた良い製作になったと思います。

いずれこのプランを叩き台として、MGネモ・スナイパーを作りたいと思ってます。
いつになるかは分かりませんがw


ネモ・スナイパーはこれにて完成となります。
ではまた次回。
ありがとうございました!

ネモ・スナイパー (4)

さぁ。

ネモ・スナイパー工作最終回です。



また途中はしょり過ぎw

シールドは切った貼ったを繰り返して格闘にも使用できるような形状にしました。

ハンドガンは元はリボルバーなのですが、切り詰めました。
これは腰辺りにラックを付けたかったのですが、腕&時間の関係で断念。
こういうところも今後の課題ですね。


とりあえず、これで工作は終了です。
あとは初のエアブラシ全塗装ですね。


ちなみにですが、アンクルアーマーについて。
ここはどの媒体でも、基本的に後ハメ加工必須で紹介されますが、僕は一切加工していません。
プラの弾性をめいっぱい利用する感じなので危ういですが、
気を付けて作業すれば切り欠きやダボを薄くしなくても大丈夫です。

ご参考までに。


では、次回は塗装!

ネモ・スナイパー (3)

さてさて。

工作段階の写真もそう多くないですが、まだちょっと続きます。


続いてはシールド。



「シールド」と言うよりは「バックラー」と言うべきものを目指します。

ざっくり切断してみたのは良いのですが、まだ大きいですね。
とりあえずこの段階では様子見です。


あと「スナイパーのサブアームにはハンドガン」!
という事で探してたのですが、良いのが見つからず。
そんな時、ひでぞーさんから「使ってないのがあるから」とハンドガンをいただきました!



ふむ。満足ー。
ひでぞーさん、ありがとうございます♪


まだまだ煮詰めますよー。


ネモ・スナイパー (2)

ネモ・スナイパーの続きです。



いきなりバイザーがガッツリ変わっちゃってます。
前回「挫折した」と書いたのが、このバイザーの事なのです。

本来、バイザーもプラ板のみで工作する予定でしたが、合計4個…バイザー作り直しました。
で、最終的にはパテ援用…。

まぁ、しょうがないです。
今の腕では100%プラ板では無理がありましたね。

この課題は、また持ち越しという事で。


スナイパーライフルとして用意したのは、システムウェポン002の試作ビームライフル。

このライフルはジオン製ですが、ネモは純粋な連邦機体ではないのでアリかな、と。


後ろのUC版ネモはパチ組みです。
比較のために、工作中は常に近くに置いてました。
けっこう印象変えられたかな、と自己満足。


では、また後ほど。


ネモ・スナイパー (1)

ネモ・スナイパーです。

HGUCネモ(Zver)改造の、でっち上げオラ機体。

一応すでに完成してるんですが、ブログ開始という事で、
初エアブラシ全塗装のコレから始めるのが良いかな、と思いまして。


コンセプトは「ネモをジム・スナイパーカスタムver.kaに寄せたカスタム機体」。

あくまでも「寄せる」です。
パクリじゃなくてオマージュ。

ま、それはそれとして。



仮組を終えた状態。

プラ板でパーツをこさえてます。
手首はビルダーズ。

この機体作成プランの課題は2つ。
・プラ板での改造パーツ新造
・エアブラシでの全塗装

まぁ、最終的にはひとつ挫折するわけですが…。
それはまた後の話。


では今回はココまで。

正規の手順を省きます!

さて。

まだまだ前置きと言うか、
先に書いておいた方が良い事も諸々あるかと思うのですが。



すっ飛ばします。



おいおい書いていこうと思ってますよ。
ネタがない時にねw

模型ブログという事で、写真とかあった方が良いですよねぇ。
でもパソコンから貼ろうかと思ったらサイズとかめんどくせぇw

写真はすまぽから貼った方が楽かなぁ…?



まだいろいろ慣れないので、ぼちぼちいきたいと思います。
マイペース、マイペース。


作戦を開始する。

ひっそりひょっこりとブログ開始しました。

以前ちょこっとやってましたけどね。
実に10年以上ぶり。

正直なところ、最初だけ面白がって更新するけど、
そのうち惰性になるんだろうな、と思ってますが…。



とりあえず最初は動機から。

なんでまたブログなど始めようと思ったか。



数年前にツイッターを始めまして。
しばらくは殆ど利用もせず放置状態でした。
リア友やガンプラ情報アカウントをフォローしてるくらいで。

ところが一昨年くらいですかね。
一般モデラーさんのアカウントをフォローさせてもらったりし始めて。
それから世界(ツイッタのね)がグッと拡がりました。

さらには実際にお会いするようなチャンスも出来ました。
オンライン上でも知り合ってから間もない方たちとのオフ会に参加させていただいたり。
(リア友は驚くでしょうね。人見知りな僕がいきなりのオフ会に飛び込むなんて)
また、東京の方でしか手に入らないキットを入手していただいたりもしました。

ほんとうにツイッターさまさまです。

で、現状はガンプラの製作過程も完成報告も、全部ツイッターなんですよね。
別にネットでおおっぴらに拡散したいってワケじゃないんですけど、
流れて行っちゃうのが唯一の難点かな、と思いまして。
自分の記録的に。

模型ブログはネタに困窮して尻すぼみになりがちっていうのが懸念だったんですが、
「まぁ、それでも良いか」と。
そう思うことにしました。

更新も週イチ…とまでは行かなくても月数回ってカンジでも良いかな、と。

そうやってハードルさげて、
とにかく何か始める事で、また新たな何かが始まれば面白いかな。
くらいの気持ちで始めたいと思います。


とにかくそういう事です。



しょっぱなから長文ですみません。

これからよろしくお願いいたします。


カレンダー
06 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

模型サークル「関西仮組」に参加しています。

そのへんもろもろドゾヨロシク。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ