Mr.ゲルクリーナー

久々のツールご紹介。


今回はクレオスさんのMr.ゲルクリーナーです。



主にヤスリ作業の後の粉末処理用ツールですね。
その名のとおり、ゲル状になっておりまして、吸着させて工具やパーツを綺麗にします。

蓋を外すと、このとおりシールで密閉されています。



モノがゲルだけに、水分が重要なようですね。
開封するとこんなかんじ。



適量をちぎり取り、対象物にペタペタしてクリーニングします。

ゲルで水分を含むだけに、鉄ヤスリに対しては注意が必要かも知れません。
しかしながら、今のところ僕が使用してる限りはそこまで神経質にならなくても良さそうです。
べっちゃべちゃに水分を含んでいるワケではないので、
クリーニング後すぐに鉄ヤスリを密閉とかしない限りは普通に使えそうです。
フィニッシングペーパーだとヤスリ目が消えるくらいまで使えるようになります。


使いこむとこんなかんじに。



結構すぐにグレーになります。
使う時にちぎっても、元のケースに入れて放っておくと一体化します。


問題は色味よりもやっぱり水分量のようですね。
水分がなくなってくると、ベタベタするようになってきます。
こうなるとだんだん対象物や手にくっつくようになってきます。
ゲルの組成が分解されるようなかんじですかね。

あまりベタベタするようになってくると対象物にゲルが残ってしまうので注意が必要ですね。


以上の使用感から、メインはやっぱり紙ヤスリのクリーニング用と割り切るのがベターかな?
あと手、ですかね。



ブラシなどでは取りきれない削りカスなどがとても簡単にスッキリしますので、
片付けの手間は凄く省けると思いますよ。
スポンサーサイト

パンチコンパス

さて。
今日は久々に「個人的に気に入ったツールのご紹介シリーズ」です。


それでは、さっそくご紹介。



梅本デザインさんのパンチコンパスです。


本来は自由にパンチ穴を開けられるよって感じのツールだと思うのですが、モデラーにも重宝。
と言うのも、このパンチコンパス、いわゆるサークルカッターなのですが、
穿孔できる最小半径が1.5mmと半端なく小さい。

たまに文具のサークルカッターを改造して最小半径を小さくしてらっしゃる方が居ますが、
これを使用すれば、そんな手間も一切不要です。

実際どれくらいの大きさかと言うと、こんな感じ。



HGUCギラ・ズール塗装時の画像ですが、腕の目玉モールドが簡単にマスキング出来ます。
右下に抜いた後のマスキングがありますが、すぐ横の目盛りと見比べていただければ、
その円の小ささがお分かりいただけると思います。
無改造でこの円が一発抜き出来ますよ。


さらにこのコンパス、替刃が専用じゃない!
普通のカッターの1コマ分を使用しますので、カッターの替刃をペキッと折ってセット!
モデラーに限らず、カッターナイフなんて普通のご家庭にあるものですからね。
これは重宝します。


たまに「真円が切れない」とのレビューをお見受けしますが、そんなこともなかったですよ。
コツというほどのコツも不要だと思います。


ノギスと組合せれば、かなり色々と使えると思いますので、これは是非オススメです!

プライマーZ

今回は、お世話になってるツールのご紹介。


i-CraftさんのプライマーZです。



商品はブラックとクリアがあるそうですが、僕はクリアしか使用した事がありません。
以下はクリアのみの使用感です。


プライマーの名の通り、基本的には足付けって言うんですかね?
塗料のノリを良く、また剥がれ難くするスプレーです。


スプレーとは言いつつ、普通のサフやカラースプレーよりも拡がり難いノズルを採用されています。
圧の調整は出来ませんし、さすがにエアブラシのような細吹きは出来ませんが、
それでも噴射の幅は狭く、かなり飛び散り難くなっています。

正直、最初はスプレーとのクセの違いに戸惑ったくらいです。


しかもその上、ちょっと厚く吹き過ぎたかな?って思っても大丈夫なくらい塗膜が薄いです。
クリアランス調整不要とまでは言いませんが、この塗膜の薄さは嬉しいですね。
吹付けた分がパーツに吸込まれていくような感覚です。


また、公式ツイッターの方でも紹介されていますが、このプライマーZはつや消しになるため、
トップコートとしても実際に使用されている方もいらっしゃるそうです。

僕もジム改のトップコートに使用してみましたが、なかなかの良いつや消し加減になったと思います。


ただ、若干ですが乾燥時間は長めに取っておいた方が良いかも知れません。
まぁこれも「エアブラシと比較して」というスプレーのレビューにはあり得ない話なんですけどね。


少しばかりお値段が張るのも致し方ない商品だと思います。

ですが、ABS関節もこれがあれば恐くはないです!
(但し、可動部分へのスミ入れは、まだガッツリしていないので注意して下さい!)


常備しておきたい一品ですよ。

ワンタッチLED

ツール、と言うか改造パーツのご紹介。

アッガイのモノアイ電飾に使用させていただいたのがこちら。



HIQパーツさんのワンタッチLEDシリーズです。

LED自体は良く見かけるんですが、
この電池ボックスけっこう見ないんですよね。
僕が見つけられないだけかも知れませんが。


このセットは、ほんとラクです。
なにも考えずに繋ぐだけ、場所も取らない。
アッガイなんて楽々で仕込めます。

LEDも小型で平面。
光量も充分過ぎるくらいかと思います。


「電飾やってみたいけど、
抵抗とかLED設置スペースの確保とか大変そうだなぁ…」
と悩んでらっしゃる方は、このパーツを使用してみてはいかがでしょうか。


ステマじゃないですよ。

続きを読む

竹ピンセット

ちょっと時間軸が前後しますが。

今回はリアルタイムのネタです。


昨日半日ほどジム改のデカール貼りをしてたのですが、
その際、初めて使用したツールがこちら。



ハセガワさんの竹ピンセット。

購入したのは少し前ですが、今回初使用。
ざっくりとした使用感ですが、非常に良いです。

デカール貼りの際、個人的に1番気になるのが水分量のコントロール。
この竹ピンセットは水分を吸うので、コントロールしやすいと思います。
普通のピンセットとはクセが違うので、その辺は慣れだと思いますが。


柔らかい事と静電気が起きない事、水分量コントロールの自由度。
この3点が売りですかね。


少々お値段が張りますが、非常に満足しています。
もっと慣れれば、もっと満足度が上がりそうな一品です。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

模型サークル「関西仮組」に参加しています。

そのへんもろもろドゾヨロシク。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ