Mr.ゲルクリーナー

久々のツールご紹介。


今回はクレオスさんのMr.ゲルクリーナーです。



主にヤスリ作業の後の粉末処理用ツールですね。
その名のとおり、ゲル状になっておりまして、吸着させて工具やパーツを綺麗にします。

蓋を外すと、このとおりシールで密閉されています。



モノがゲルだけに、水分が重要なようですね。
開封するとこんなかんじ。



適量をちぎり取り、対象物にペタペタしてクリーニングします。

ゲルで水分を含むだけに、鉄ヤスリに対しては注意が必要かも知れません。
しかしながら、今のところ僕が使用してる限りはそこまで神経質にならなくても良さそうです。
べっちゃべちゃに水分を含んでいるワケではないので、
クリーニング後すぐに鉄ヤスリを密閉とかしない限りは普通に使えそうです。
フィニッシングペーパーだとヤスリ目が消えるくらいまで使えるようになります。


使いこむとこんなかんじに。



結構すぐにグレーになります。
使う時にちぎっても、元のケースに入れて放っておくと一体化します。


問題は色味よりもやっぱり水分量のようですね。
水分がなくなってくると、ベタベタするようになってきます。
こうなるとだんだん対象物や手にくっつくようになってきます。
ゲルの組成が分解されるようなかんじですかね。

あまりベタベタするようになってくると対象物にゲルが残ってしまうので注意が必要ですね。


以上の使用感から、メインはやっぱり紙ヤスリのクリーニング用と割り切るのがベターかな?
あと手、ですかね。



ブラシなどでは取りきれない削りカスなどがとても簡単にスッキリしますので、
片付けの手間は凄く省けると思いますよ。
スポンサーサイト

パンチコンパス

さて。
今日は久々に「個人的に気に入ったツールのご紹介シリーズ」です。


それでは、さっそくご紹介。



梅本デザインさんのパンチコンパスです。


本来は自由にパンチ穴を開けられるよって感じのツールだと思うのですが、モデラーにも重宝。
と言うのも、このパンチコンパス、いわゆるサークルカッターなのですが、
穿孔できる最小半径が1.5mmと半端なく小さい。

たまに文具のサークルカッターを改造して最小半径を小さくしてらっしゃる方が居ますが、
これを使用すれば、そんな手間も一切不要です。

実際どれくらいの大きさかと言うと、こんな感じ。



HGUCギラ・ズール塗装時の画像ですが、腕の目玉モールドが簡単にマスキング出来ます。
右下に抜いた後のマスキングがありますが、すぐ横の目盛りと見比べていただければ、
その円の小ささがお分かりいただけると思います。
無改造でこの円が一発抜き出来ますよ。


さらにこのコンパス、替刃が専用じゃない!
普通のカッターの1コマ分を使用しますので、カッターの替刃をペキッと折ってセット!
モデラーに限らず、カッターナイフなんて普通のご家庭にあるものですからね。
これは重宝します。


たまに「真円が切れない」とのレビューをお見受けしますが、そんなこともなかったですよ。
コツというほどのコツも不要だと思います。


ノギスと組合せれば、かなり色々と使えると思いますので、これは是非オススメです!

初心に立ち返って

ちまたでウワサのアレ。
先日ですが僕も買っちゃいました。



そう。
オオゴシさんの『いちばんやさしいガンプラ「超」入門』!
コレで僕もガンプラが作れる…!

あんまりふざけてると怒られそうですが。


オオゴシさんの本は、前2冊の教科書も持ってまして。



非常に読みやすいと言うか、安心して読めるんですよね。
なんて表現して良いのか、語彙力不足で申し訳ないですが。
行間なんてねぇよってくらい丁寧に解説されてるし、
また、とにかく「難しく考えないで」って事が全面に押し出されてる感じなんですよね。


まだ実際、買ったは良いけどほとんど読めてないので、
これからゆっくりじっくり読ませていただこうと思います。


ガンプラ、楽しいよー。

Mr. HOBBY Master Book

ガンプラ作ってて、まぁ実際そんなに改造も出来ないですし、ディテール勝負とか出来ないんですよね。
でも、それなりにこだわった調色が「良い色」って褒めていただけると、めちゃくちゃ嬉しい。
まぁ塗装で勝負出来るかって言うと、そーでもないんですけどね。


今の完成品並べてもすぐ分かっちゃうんですが、僕は緑が大好きです。
ザクが好きだから緑が好きなのか、緑が好きだからザクが好きなのか。
そんな勢いで。
だから緑の調色は極めたいです。
極めるってのが、どーゆー事かも分かりませんがね。

夢と言うか、目標みたいなのはあります。
「赤い緑」と言える色を使いこなすくらいに、緑の調色が得意になりたい。
色彩の知識がある人は、「ナニイッテンノコイツバカジャネーノ」と仰るでしょう。
矛盾してるのは分かっております。
が、それくらい出来るようになりたいって事なのです。

「木々の萌える緑じゃなくて炎のように燃える緑」
感覚的なイメージを言葉にすると、そんな感じ。
緑は落ち着いたイメージのある色ですが、とんでもなく攻撃的な緑までも作り出せたらなって思ってます。


と、前置きが長くなりましたが、お勉強のため、今日はコレを購入しました。



Mr. HOBBY Master Bookです。
調色サンプルとかも載ってると聞いたので。

中身は、ぶっちゃけ販促本。
いろんなツールを紹介してるだけと言えば、そうです。
調色に関しても、膨大な情報があるワケじゃないです。
が、調色サンプルは非常に参考になります。
コレを読んで、もっと調色に強くなりたいです。


調色、調色と言ってますが、調色も必須ではないと思います。
今はいろんな専用色も販売されてますしね。
僕は単に調色が楽しいから、もっと調色したいだけなのですよ。

もし調色は楽しいけど良く分からない、って方がいらっしゃいましたら、一度この本を見てみてください。
もっと楽しくなる、かも知れませんよ。

ガンダムUC関連書籍 (1)

今回は書籍をご紹介。


お持ちの方も多いとは思いますが、僕がUC系プラモを作る時に非常に参考にしているのがコチラ。



双葉社さんのグレートメカニックのムック本ですね。
現在、ep1-3とep4-6の2冊が刊行されています。


MSのカラー設定は公式ページにあるのと同程度です。
正直、少し物足りないと思う部分もあります。
でもモノクロ線画に関しては設定資料としては十分かと。
MSによっては過去設定画なども掲載されています。

映像化への道程も解説されたり、いろいろ読み応えも抜群です。
個人的に凄く気に入っているのが、モニターグラフィック。

ガンダムUCの映像は、とにかくモニター表現がかっちょ良い!
MSや艦船、トロハチやパラオのマップシートに至るまでカラーで収録。
ユニコーンやバンシィの全天周モニターに浮かぶ幾何学的な模様もガッツリ見れます。
これは気分が上がります!



そして、もう1冊。



こちらはカトキ氏のデザインワーク集、メカニカルアーカイブス。

こちらはガンダムエースで小説連載時に掲載されていた設定画+αといった感じでしょうか?
ほぼオールカラーで、設定画がみっちりです。
(ページはオールカラーですが、モノクロ線画も載っています)


こちらはその性質上、あくまでも小説版の設定資料となります。
ですのでユニコーンのバルカンがなかったり、バンシィが頭部と色以外はユニコーンと全く同じだったりします。
小説版の再現にはもってこいですが、アニメ版の再現には注意が必要ですね。



ぶっちゃけ、こんな本を持っててもディテール再現出来るのかと言うと…。
出来ません!
が、モチベーションはこれでもかと上がります!
プラモ製作にモチベーションは必要不可欠なので、僕には必須資料です。

書籍の形ではありますが、これも僕のガンプラツールのひとつ、ですかね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

のぼ

Author:のぼ
パチ組みから全塗装まで。
主にガンプラ作ってます。

リンク
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ